MIZUSAWA INDUSTRIAL CHEMICALS, LTD.
中
可能性とともに。未来へと、歩んでいきます。

昭和初期、日本では石油や油脂の精製に使用される活性白土はすべて輸入に頼っていました。 そこで、1937年(昭和12年)、国内生産に踏みきるために、武田薬品工業株式会社の出資によって設立されたのが武田白土工業株式会社、現在の水澤化学工業株式会社です。

この活性白土は酸性白土を酸処理してつくられますが、「100%資源を活用する」という考えのもと、酸性白土を原料とした製品の開発に全力投球しました。戦争の混乱期を乗り越え、1946年(昭和21年)には、石鹸増量剤の「シルトン」を製造して油脂の乏しかった当時の石鹸業界に大いに貢献。次々とめざましい勢いで製品開発を行ない、1950年(昭和25年)には当時の常務、菅原勇次郎(後の2代目社長)が”酸性白土を原料とする化学工業の体系を確立”という業績により藍綬褒章を受章しました。

その後も、塩化ビニル成型時に使用する樹脂用安定剤、ノーカーボンペーパー用発色剤、湖沼汚染の原因となっていたリン酸塩に代わる無リン洗剤の助剤など画期的な製品の開発に成功。技術とともに、一歩一歩確実に発展の道を歩んできました。

今、21世紀を迎え、社会のニーズが著しく変化し多様化している中、ファインケミカルの可能性はさらに広がるものと期待されています。

私たち水澤化学は、製造・販売・研究という3本柱の有機的なつながりをさらに強化して、時代のニーズを先取りしながら、いかに役立つ機能を生み出していくか、をテーマに、新時代の新しい創造に向かってチャレンジしていきます。

1937 武田白土工業(株)設立。大阪に本社を設け、水沢工場操業開始
1944 中条工場操業開始
1946 水澤化学工業(株)に改称
1953 安定剤ケイ酸鉛の本格的製造開始
1955 球状アルミナゲル「ネオビード」の製造開始。リサージの自製開始
1956 球状シリカゲル「シルビード」の製造開始
1963 「NPC用シルトン」の製造開始
1964 複合粒状安定剤の製造開始
1966 塗料用つや消し剤「ミズカシル」の製造開始
1972 両工場に排水処理施設完成
1976 ドイツ・メタルゲセルシャフト社へ複合安定剤の技術輸出
合成洗剤用ゼオライト「シルトンB」の製造開始
1980 珪酸ソーダの自製開始。高分子凝集剤「ミズブロック」の販売開始
1984 本社を東京に移転。大阪営業所を設置
1987 会社創立50周年
1989 タイに合成ゼオライトの合弁会社を設立
1990 タイに塩ビ安定剤の合弁会社を設立
資本金12億3千万円に増資
ドイツ・ズードヘミー社への「ミズカシル」の技術を供与
1992 物流センター完成。「シルトンAMT」の本格生産開始
1994 浄水剤販売会社、水澤商事(株)を設立
1995 日本RC協議会に加入
1996 中条工場、ISO 9002の認証を取得
1997 水沢工場、ISO 9002の認証を取得
1998 「シルトンJC」で三井物産(株)と提携強化
1999 三井物産(株)の資本参加。資本金15億1千9百万円に増資
活性白土の製造技術をインドへ供与
2000 水沢工場、ISO 14001の認証取得
2001 中条工場、ISO 14001の認証取得
2002 中条工場、ISO 9001:2000への移行認証取得
2003 水沢工場、ISO 9001:2000への移行認証取得
2015 親会社が大阪ガスケミカル(株)へ変更
2017 会社創立80周年
水澤商事(株)を吸収合併
Copyright(C) 2017-2018 MIZUSAWA INDUSTRIAL CHEMICALS,LTD.All rights reserved.