MIZUSAWA INDUSTRIAL CHEMICALS, LTD.
  • 製品情報
  • 水澤化学について
  • 製造拠点等のご紹介
  • お問い合せ
  • 水澤化学について
  • 事業内容
  • 会社概要
  • 沿革
中
可能性とともに。未来へと、歩んでいきます。

昭和初期、日本では石油や油脂の精製に使用される活性白土はすべて輸入に頼っていました。 そこで、1937年(昭和12年)、国内生産に踏みきるために、武田薬品工業株式会社の出資によって設立されたのが武田白土工業株式会社、現在の水澤化学工業株式会社です。

この活性白土は酸性白土を酸処理してつくられますが、「100%資源を活用する」という考えのもと、酸性白土を原料とした製品の開発に全力投球しました。戦争の混乱期を乗り越え、1946年(昭和21年)には、石鹸増量剤の「シルトン」を製造して油脂の乏しかった当時の石鹸業界に大いに貢献。次々とめざましい勢いで製品開発を行ない、1950年(昭和25年)には当時の常務、菅原勇次郎(後の2代目社長)が”酸性白土を原料とする化学工業の体系を確立”という業績により藍綬褒章を受章しました。

その後も、塩化ビニル成型時に使用する樹脂用安定剤、ノーカーボンペーパー用発色剤、湖沼汚染の原因となっていたリン酸塩に代わる無リン洗剤の助剤など画期的な製品の開発に成功。技術とともに、一歩一歩確実に発展の道を歩んできました。

今、21世紀を迎え、社会のニーズが著しく変化し多様化している中、ファインケミカルの可能性はさらに広がるものと期待されています。

私たち水澤化学は、製造・販売・研究という3本柱の有機的なつながりをさらに強化して、時代のニーズを先取りしながら、いかに役立つ機能を生み出していくか、をテーマに、新時代の新しい創造に向かってチャレンジしていきます。

  • 製品検索
  • 各種お問い合せ・資料請求
  • 2018年度新卒採用情報
Copyright(C) 2017 MIZUSAWA INDUSTRIAL CHEMICALS,LTD.All rights reserved.