MIZUSAWA INDUSTRIAL CHEMICALS, LTD.
  • 製品情報
  • 水澤化学について
  • 製造拠点等のご紹介
  • お問い合せ
Home >> 製品情報 >> 吸着材 >> ミズカシーブス「MIZUKASIEVES」
  • 製品情報
  • 吸着材
  • 樹脂添加剤
吸着材
ミズカシーブス「MIZUKASIEVES」
01 01ミズカシーブスは合成ゼオライトからなる吸着剤です。ゼオライトはシリカ・アルミナを主体とする結晶で,特有の均一な細孔を持っています。その大きさは分子一個程度(数~十数Å;オングストローム)ですので,より大きな分子は細孔内に入ることができません。この性質を利用するのが分子篩と呼ばれる技術で,お酒から水とアルコールを分離できるほどの分離能力を有します。 また構造上、含有するカチオン(陽イオン)はイオン交換が可能な状態にあります。衣類洗濯時の洗浄力低下を防ぐため水道水中の不要なイオンを除去するのに使用されます。(軟水化剤と言います。)ゼオライトは様々な種類があります。A型ゼオライトはもとより、触媒用として13Xゼオライト(フォージャサイト)やハイシリカゼオライト(MFI)など各種グレードがあります。
この製品は、こんな用途で使用されています。
工業用吸着剤 触媒
アルミナゲル、シリカゲルは工業用吸着剤として利用される他、機能性フィラーとしても用いられています。またシリカ・アルミナのハイブリッド吸着剤は独自の高強度吸着剤として長い実績を持ちます。ゼオライトは高い脱水能力を持ち、細孔径や親水性・疎水性のコントロールで様々な分野で脱臭や選択吸着による不純物除去にも利用されています。形状的にもビーズ品から樹脂添加剤用微粉末まで様々なグレードを取りそろえています。 アルミナゲルは触媒担体として幅広い分野で利用されています。ゼオライトはそれ自体の固体酸が触媒として利用されています。高表面積で耐水、耐圧、耐摩耗性に優れる事から触媒担体としても利用されています。
この製品系
シリカ・アルミナ系製品
シリカを含有する様々な構造体を合成し製品化しています。中でもゼオライトは数~十数オングストロームの分子レベル細孔を持つ製品で、その口径をコントロールすることによる分子篩いや固体酸などの吸着活性の強弱による選択的吸着など様々な機能を発揮します。形状についても粉末の他、球状品などの成型体も用途によって選ぶことができます。
同じ物質群の製品
・ミズカシーブス(ゼオライト)
・ミズカシーブスEX
 (ハイシリカゼオライト)
・TSCゼオライト(洗剤用ビルダー)
・ネオビードSA
 (球状シリカアルミナゲル)
・シルビードN(球状シリカゲル)
・活性アルミナGB(球状アルミナ)
contact
Copyright(C) 2017-2018 MIZUSAWA INDUSTRIAL CHEMICALS,LTD.All rights reserved.